★なんとなく生命保険に加入している人は損していることがほとんどです!★

生命保険は、否定的な意見も多いですが、自分に万が一のことがあった場合に残された家族を経済的にサポートできる心強い商品です。実際に、8割を超える世帯が加入しているというデータもあるほど一般的です。では、なぜマイナスなイメージがあるかというと、それは外交員など強引な勧誘によって加入してしまったという人が多いからでしょう。ただし、最近はネットで簡単に情報が得られる時代で各商品を比較できるようになりました。また、十店舗を構えて複数の生命保険会社の商品を扱い自分に合った商品を組み合わせて提案してもらえるようになり、一方的に加入させられたという人は徐々に減りつつあります。それでも、勧誘に断れなかったり、又は何となく勧められて生命保険に加入している人は、保障内容を理解しておらず保障が適切ではないケースが多くあります。生命保険というのは家族構成に変化が出たり、年齢が上がったりするにつれて適切な保障はその都度異なってきます。したがって、生命保険は一度加入したら終わりではなく、その都度見直す必要があります。特に、勧められて何気に加入してしまった人は今の自分の状況においてどれくらいの生命保険金が必要なのかを正しく把握していないので、早急に見直すことをおすすめします。よく外交員などは自分たちの成績のために不必要な保障を付けていることが多いので、見直すことで無駄を省き保険料が安くなることだってあります。では、誰に相談すれば良いかというと、おすすめはFP(フィナンシャルプランナー)です。FPは、お金のプロであり、保険も熟知しているので、貯蓄高や現在の家計の収支を鑑みたうえで最適な保障を提案してくれるでしょう。しかも、彼らは顧客に提案することによって加入した保険会社から手数料がもらえるので、無料で相談に乗ってもらえるのがほとんどです。ただし、あくまで提案ベースなので必ず加入する必要はありません。自分が納得したうえで生命保険に加入すると良いでしょう。相談を依頼する方法ですが、生命保険比較ランキングではおすすめの保険相談サービスを紹介すると同時に、フリーダイヤルによる電話相談も受け付けています。生命保険の提案実績豊富な保険代理店が対応してくれるので心強いです。もちろん自身が納得したうえで加入の可否が決められるので、一度相談してみると良いでしょう。

xn--nckg3oobb4958b10g0v2cxqr2f3dtfr.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です